思い出のポロシャツで色々な着こなし方でおしゃれをしよう

polo shirt

ポロシャツでおしゃれを楽しもう

ポロシャツを買うならココ!
チームオーダーやオリジナルデザインのポロシャツを注文することもできるのがこちらの良いところです。ポロシャツが必要なときにはとても重宝する販売サイトですので、一度ご覧になっておいてもよいかと思います。


私はポロシャツを着るのが好きで、春の季節が来るのをとても楽しみにしている一人です。ですが、一口にポロシャツと言っても沢山のメーカーがあり、それぞれのロゴやデザインを楽しめるのがポロシャツを着る楽しみの重要なポイントとなっています。また、ポロシャツを着ておしゃれを楽しめることも重要な意味合いがあります。ポロシャツとスラックスや靴等とのアレンジを考えてみること自体がとても楽しいことなのです。洗いざらしの綿のポロシャツにジーンズ、それにデッキシューズとくればもう別の世界へ入り込んだ感覚にさえなります。町に出かける場合も、気さくなポロシャツ姿で出掛けることが出来て、本当に便利なアイテムではあります。
私がポロシャツを買う時に一番気を付けていることがあります。それはまず何と言っても、デザインに尽きるでしょう。それがいかに自分の体形にフィットしているかを見極めるためには、お店で試着させてもらうことが大切だと思います。買って帰っていざ着てみると、なんとなく身体に馴染みが悪いことがあるからです。それと自分に合ったカラーを選ぶことも大切な要素となると思います。自分にあったデザインとカラーの組み合わせででこれからの季節をポロシャツスタイルで楽しみたいものです。

ポロシャツの思い出

ポロシャツに非常に縁がある人生を送ってきていると思います。思い返せば、中学生くらいからか、夏場はティーシャツよりもポロシャツの方が多く着ていたと思いますし、高校生ではテニスをやっていたため、部活では常にポロシャツを着用していました。ポロシャツは便利で、運動だけではなく夏休み中の高校の講習期間での制服としても認められていたので、授業から部活までずっと白いポロシャツでした。
大人になった今も、夏場はタンスの中にはポロシャツが入っており、色、デザインも様々です。外出の際は大概着ています。子供服としても多種多様なものが売られており、うちの子供も色違いの同じデザインを着せて外出させたりしています。
そんなポロシャツは、ずっと馬に乗ったホッケーの様な競技、ポロの選手が着用していたものだと思っていましたが、少し違うみたいです。某有名メーカーの胸についたマーク等、ポロの競技そのままですのでそう思っていました。少し調べてみたたところ、ポロの競技で着用していた服の素材に着目したメーカーが、吸水性の良いその素材を使い襟をつけてテニスウェアに応用したとの事だそうです。ですから、ポロシャツはポロと付きますが、元々テニスウェアとして作られたものだということなのです。

ポロシャツとはどんなものか着こなし方は

ポロシャツといえば皆さんが思いつくのは某テニスプレイヤーが着ているスポーツウエアではありませんか?印象としては、運動する時とか何か作業をする時に着ることが多いです。Tシャツがメリアス編みに対して、ポロシャツは圧倒的に鹿の子編みが多いです。鹿の子編みとは、表編みと裏編みを交互に編んでいくことによって出来上がりがデコボコした仕上がりです。
伸縮性もありますが横方向の伸びが少ないので、メリアス編みと違って平らな状態に置くとクルンとならず、型崩れしにくい性質を持っています。また、肌に触れる面積が少ないため通気性にも富んでいます。鹿の子編みを施したポロシャツが運動着として、特にテニスをする時に多く着用されるのはそのためかもしれません。他にフライス編みと言って、フライス機というゴム編み専用機の編み機を使って円筒形に編み上げる丸編みの一種です。
ゴム編みとしての特徴はフィット性が高くTシャツや肌着に用いられることが多いですが、大量の汗を掻いた場合、フライス編みだと肌にまとわり付きやすいので、圧倒的に吸汗性に富んだ鹿の子編みのポロシャツが多いです。襟がついていてボタンが1個から4個程付いており、無地から柄物迄多種多様ですが、着こなし方としては、スポーティにしたい場合、色は白や薄い色も鮮やかな色も良いです。下に履くジーンズやチノパンは、それらに合う薄い色かベージュ等が無難です。

Post List

Choices Article